ニキビができた時のクレンジング方法は?

ニキビがなんだか悪化しているかも…そんな時のニキビケアとして、洗顔やスキンケアばかりに力を入れすぎていませんか?

 

ほぼ毎日化粧をする女性にとっては、クレンジング選びもとても重要です。たくさんの種類の中でも、特にニキビ肌には、クリームタイプのクレンジングが適しています。ニキビの原因や状態を正しく理解し、クレンジングを見直してみましょう。

 

ニキビの原因

くり返すニキビや一向に治らないニキビには、多くの女性が悩んでいます。そんなニキビに大きく関わっているのが皮脂です。この皮脂がどのようにニキビとなるのか、まずはニキビがつくられる原因を見ていきましょう。

 

原因1. ホルモンによる過剰な皮脂

私たちの身体には、身体の仕組みや成長にとって欠かすことのできない、さまざまなホルモンが存在します。一方、ホルモンは皮脂を出す皮脂腺を刺激するため、皮脂が過剰になる原因にもなります。

 

皮脂は毛穴を通って肌の外へ排出されますが、過剰になると排出が間に合わず、毛穴に詰まってしまいます。そこへニキビの菌であるアクネ菌が皮脂をエサとして繁殖を始めるため、毛穴は炎症してニキビとなります。

 

皮脂を過剰にするホルモンは次の2つです。

 

成長ホルモン

思春期に分泌が始まるホルモンです。胸の膨らみや生理などの症状が現れ、身体を大人へ成長させるためのホルモンです。

 

黄体ホルモン

大人の女性に存在するホルモンで、子宮を柔らかくして妊娠を迎える環境をつくります。生理2週間前から分泌が増えるため、生理前にニキビができやすくなります。

 

原因2. 乾燥による肌トラブル

紫外線やエアコンの影響、お手入れ不足などで、肌は乾燥しやすくなります。乾燥は、ニキビができやすい肌環境をつくります。乾燥が招くニキビの原因を詳しく見てみましょう

 

バリア機能の低下

肌表面には皮脂膜でつくられたバリア機能があり、肌を外の刺激から守ります。しかし、乾燥した肌にはこの皮脂膜がないため、バリア機能がなく、紫外線などを肌内部へダイレクトに侵入させます。すると、その刺激から肌を守ろうと皮脂腺は皮脂を過剰に分泌し、毛穴を詰まらせます。

 

毛穴の弱さ

乾燥した肌の毛穴は、細く弱くなっているため、皮脂の通り道を狭くします。うまく排出されない皮脂は毛穴に詰まり、アクネ菌が繁殖します。

 

古い角質

肌は乾燥すると固くなり、古い角質が何重にも重なった状態になります。通常この古い角質は、肌の生まれ変わりであるターンオーバーにより剥がれ落ちますが、乾燥するとターンオーバーが乱れるため、ミルフィーユのように肌表面に重なります。

 

その結果、古い角質が毛穴へ入り込み、皮脂の出口をふさいでニキビの原因をつくります。

 

ニキビの状態

ニキビは、アクネ菌の繁殖によって毛穴が炎症している状態です。その程度から4つの種類に分けられますが、ひどくなると手で触っても痛いくらいに炎症します。この炎症を悪化させると、ニキビ跡や肌のデコボコであるクレーターをつくる原因になります。

 

白ニキビ

ニキビ初期の状態です。プツプツとした小さい粒で、痛みがほとんどないのが特徴です。

 

黒ニキビ

毛穴に詰まった皮脂があふれ、空気と触れ合って酸化した状態です。白ニキビ同様、痛みはほとんどありません。

 

赤ニキビ

ここから炎症が急速に進みます。アクネ菌の量がさらに増えて、毛穴が赤く腫れ上がっている状態なので、痛みや痒みが出てきます。

 

黄ニキビ

炎症がひどくなり、毛穴の中に膿をもっている状態です。膿が黄色っぽく見えるため、黄ニキビと呼びます。膿により痛痒い症状もあります。

 

ニキビ肌のクレンジングは?

毛穴の炎症がひどくなるにつれて、ニキビの状態は悪くなります。この炎症したニキビを刺激すると、つぶれる原因になり、ニキビ跡ができたり、ニキビがくり返したりします。このような事態を避けるために、ニキビにとって刺激とならないクレンジングを選びましょう。

 

クレンジングの種類

クレンジングにはたくさんの種類があります。あなたは、どのタイプを使っていますか?それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

 

シートタイプ

拭くだけで化粧が落とせるタイプです。水を使わないので、ささっと簡単に落とせるというメリットがあります。しかし、肌の表面を擦ることになるため、シートと肌の間には摩擦が生まれます。この摩擦が刺激となり、ニキビがつぶれたり悪化したりする原因になります。

 

オイルタイプ

洗浄力が高いので、しっかりとした濃いめの化粧もきちんと落とすというメリットがあります。しかし、オイルが手のひらから流れやすいため、肌との間にクッションがなくなり、摩擦が起きやすいデメリットもあります。

 

クリームタイプ

オイルタイプに比べると洗浄力は低くなりますが、手のひらに乗せても流れることがないため、肌との間にクッションをつくることができます。そのため摩擦を防ぎ、ニキビに負担をかけずにクレンジングすることができます。

 

ニキビ肌にはクリームクレンジングを

ニキビ肌に大切なのは、ニキビを刺激しないことです。そのため、摩擦を防げるクリームタイプが、ニキビ肌に適したクレンジングといえます。

 

ファンデーションの汚れであれば、クリームタイプでも洗浄力は十分です。マスカラやアイライナーなどをしっかりしている人は、目元や口元専用のクレンジングである、ポイントメイクリムーバーを使いましょう。

 

  1. コットンを中指と薬指の上に置き、人差し指と中指、薬指と小指の間で両端を挟む
  2. コットンにポイントメイクリムーバーをたっぷりと含ませる
  3. 指をまぶたと平行にして、まぶたにコットンを当てる
  4. 徐々にコットンを下に動かし、まつ毛の生え際で軽く左右に動かす
  5. まつ毛のマスカラを拭くように、コットンを動かす
  6. ステップ1〜6を、もう片方の目にも行う
  7. さくらんぼ粒よりも少し多めのクリームクレンジングを、手のひらにとる
  8. おでこ、両ほほ、あご、鼻にちょんとクレンジングを乗せる
  9. 両手のひらを使って、内側から外側へ円を描くようにクレンジングを馴染ませる
  10. 鼻は中指と薬指の腹を使い、上下にクレンジングを馴染ませる
  11. 顔全体に馴染ませたら、優しく洗い流す

ステップ2では、指を逆さまにしてもコットンが落ちないくらいの量を含ませましょう。ステップ4では、まつ毛の生え際はアイライナーとマスカラが付いているため、軽く左右に動かして馴染ませることで、落ちやすくなります。

 

ステップ7では、量はケチらずに多めに使いましょう。摩擦を減らすことができます。ステップ11では、ゴシゴシと洗い流すのではなく、水を肌へ置くように洗い流しましょう。ゴシゴシはニキビにとって刺激になります。

 

 

ニキビ肌から卒業したいあなた。洗顔やスキンケアばかりに気をとられず、クレンジングをクリームタイプに見直してみましょう!肌に負担をかけず、ニキビを改善できますよ。