ニキビ、コメド、角栓ってそれぞれどういう意味なの?

きれいにメイクしても肌トラブルがあると台無しになってしまうことも。ほとんどの女性は、ニキビや毛穴のポツポツを経験したことがあるでしょう。その肌トラブルの大半である、ニキビ、コメド、角栓の違いは知っていますか?それぞれどういう意味なのか、ここで詳しく紹介していきます。

 

ニキビ、コメド、角栓とは

肌トラブルの代表格であるニキビ、コメド、角栓は、それぞれどんなもので、どんな種類があるのでしょうか?まずは、それぞれの症状や特徴を見ていきましょう。

 

ニキビ

正式名称は尋常性?瘡と言い、一般的に吹き出物とも呼ばれている皮膚疾患の一つです。過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まると、アクネ菌が繁殖します。すると毛穴が炎症したり、膿がたまってしまったりします。ニキビには、主に4つの段階があります。

 

白ニキビ

過剰な皮脂によって毛穴が詰まるとできる、白くて小さなニキビです。まだアクネ菌の本格的な繁殖は始まっていないので、治りやすく、あまり目立ちません。

 

黒ニキビ

排出されずに毛穴にたくさんたまった過剰な皮脂が毛穴からはみ出ると、空気中で酸化して黒くなります。これが黒ニキビで、小鼻にできやすい特徴があります。

 

赤ニキビ

毛穴に詰まった過剰な皮脂を好むアクネ菌が大量発生して炎症を起こした状態を、赤ニキビと言います。これは、医学的には丘疹とも呼ばれます。

 

黄ニキビ

赤ニキビの炎症が悪化し、膿を持った状態を黄ニキビと言います。アクネ菌だけでなく、毛穴に黄色ブドウ球菌という細菌も繁殖しているため、毛穴の奥までダメージが進みます。

 

コメド、角栓

正式名称は面皰と言います。ニキビの初期段階で、小鼻周りやあごにできる、白くて小さい塊です。名前は違うものの、コメドと角栓の肌状態はどちらも同じです。肌の皮脂と角質が混じってできたもので、特に鼻の毛穴にビッシリ詰まって白いブツブツができるのが特徴です。

 

コメドや角栓を放置すると、毛穴がふさがれている状態のため、その部分がザラザラして盛り上がっているように見えます。

 

ニキビ、コメド、角栓の原因

ニキビ、コメド、角栓は、「肌の毛穴が詰まって起こる」ということが共通しています。でも、どうして毛穴が詰まってしまうのでしょうか?それぞれ確認していきましょう。

 

ニキビの原因1. 過剰な皮脂

ニキビの原因の一つに、過剰な皮脂があります。では、いったいなぜ必要以上に皮脂が出てしまうのでしょうか。いくつかの原因を見ていきましょう。

 

乾燥

肌の表面は0.02ミリの厚さしかなく、とても繊細です。そのため、必要以上に洗顔したり、洗顔後の保湿をしなかったりすると、私たちが思う以上に肌は乾燥してしまいます。乾燥するとバリア機能が低下し、肌の水分と油分のバランスが乱れます。すると肌は潤いを取り戻そうとして、皮脂の量を増やしてしまいます。

 

ホルモンバランスの乱れ

睡眠不足だったりストレスを受けたりすると、男性ホルモンを刺激するため、皮脂量が増えてしまいます。また、生理前の黄体ホルモンにも、男性ホルモンと似た働きがあるので、皮脂の分泌が増えます。

 

思春期

思春期の10歳〜15歳には、第二次性徴期が始まります。この時期には、急激に増えた成長ホルモンと男性ホルモンが肌の皮脂腺を刺激することにより、皮脂が過剰になります。このホルモンバランスは、遅くても20歳頃までには整います。すると、皮脂の分泌量も落ち着いてきます。

 

糖質や脂質が多い食べ物

スナック菓子や甘いものは脂質や糖分が多いため、多く摂取すると皮脂腺を刺激し、皮脂量が増えます。そのため、より毛穴を詰まらせてしまいます。

 

ニキビの原因2. メイク用品

女性の身だしなみとして日常的に行うメイクですが、このメイク用品が原因で毛穴が詰まることもあります。特にコンシーラーやリキッドファンデーションなどには、油分が多く含まれています。洗顔時にクレンジングでしっかり落とせていないと、油分や汚れが少しずつ毛穴に入り込み、ニキビの原因になります。

 

コメド・角栓の原因1.必要以上の洗顔

毛穴の詰まりが気になるからと言って、1日に何回も洗顔をすると、かえってコメドや角栓が悪化してしまいます。肌の表面の角質層には、水分を保持する働きがあります。

 

しかし過剰に洗顔すると、水分や皮脂膜まで洗い流されてしまうので、肌を回復しようとして過剰な皮脂の分泌を招き、毛穴が詰まりやすくなります。この皮脂が空気に触れることで黒くなったり、肌が硬くなったりします。

 

コメド・角栓の原因2. メイク用品

ニキビの原因と同様に、油分を大量に含むメイク用品は、より毛穴を詰まらせるため、コメドや角栓の原因になります。

 

ニキビ、コメド、角栓の対策方法

ニキビ、コメド、角栓を解消するためには、過剰な皮脂を抑え、毛穴の詰まりをなくすことが大切です。洗顔で毛穴を清潔に保つのはもちろん、正しいスキンケアや生活習慣を心がけましょう。

 

対策1. 洗顔、保湿

最近のファンデーションや下地は、発色が良く落ちにくいです。クレンジング剤を使って汚れをしっかり落とし、朝晩2回の洗顔で毛穴を清潔に保ちましょう。毛穴を開かせて汚れを出しやすくすることがより大切です。

 

半身浴や蒸しタオルで毛穴を開いて血行を良くすると、ニキビやコメド、角栓を解消しやすくなります。そして洗顔後は、必ず化粧水や乳液で保湿しましょう。保湿することにより角質層が潤って整うため、皮脂が分泌されにくくなります。また、汚れや細菌などが肌に侵入しにくくなります。

 

また、ファンデーションのパフやチークブラシ、アイカラーチップなどのメイク用品も、週1回は専用クリーナーなどで洗い、清潔にしましょう。

 

対策2. 睡眠

肌のターンオーバーを整え、過剰な皮脂の分泌を防ぐことが大切です。午後10時から午前2時のゴールデンタイムに熟睡すると、成長ホルモンが分泌されるので、肌のターンオーバーが促進されます。肌の再生のためには、この間にしっかり睡眠をとりましょう。

 

また、ストレスも肌トラブルへつながります。自分の趣味で発散するなど、ストレスをためない工夫をしましょう。

 

対策3. 栄養

ニキビの原因になるスナック菓子や甘いものをできるだけ控え、皮脂をコントロールするビタミンB群が含まれた食品を積極的に摂取しましょう。ビタミンB2含有のたまごや納豆、ビタミンB6含有のさばや鶏ささみがおすすめです。

 

 

ニキビ、コメド、角栓の細かい原因は違っても、いずれも根本的な原因は「毛穴が詰まること」です。そのため、いずれの対策でも、毛穴の詰まりを解消することが大切です。この機会に洗顔やスキンケア、生活習慣を見直し、きれいな毛穴を目指しましょう。