皮膚に常に生息する菌の種類と役割を知っておこう

私たち人間は、さまざまな菌によって健康を害することがあります。しかし、腸に良いといわれている乳酸菌のように、健康を維持するために働いてくれる良い菌もいます。皮膚にも常に多くの菌が生息しています。

 

どんな良い菌や悪い菌がいるのか、その種類や役割、肌に及ぼす影響などを詳しく見ていきましょう。

 

皮膚に生息する菌とは

常に外界と接触している皮膚には、200種類以上の「皮膚常在菌」が100万個以上付着しているといわれています。皮膚常在菌は、私たちの汗や皮脂をエサに生息し、繁殖します。

 

ただ、付着しているからといって、いつも皮膚トラブルを起こすわけではありません。皮膚にとって悪さをする菌もありますが、健康な肌の手助けをしてくれる良い菌もあります。この悪い菌が良い菌よりも大幅に増えてしまうと、皮膚トラブルを引き起こします。

 

では、皮膚常在菌の中でも特に代表的な4つの菌を、詳しく見ていきましょう。

 

表皮ブドウ球菌

皮膚に生息する良い菌の代表的な1つです。この菌はエサとして食べた皮脂を、脂肪酸とグリセリンに分解します。脂肪酸は皮膚を弱酸性の状態に保ち、雑菌や悪さをする菌の繁殖を抑えます。グリセリンは化粧水にも配合されている物質で、保湿効果があります。

 

肌が常に乾燥している人のほか、入浴時にゴシゴシ洗ったり抗菌作用のあるケア用品を使用したりすると、表皮ブドウ球菌は減ってしまいます。また、洗顔を行い過ぎて表皮ブドウ球菌が少なくなると、このように皮脂を分解できずに、肌トラブルが起こりやすくなります。

 

空気を好み皮膚表面に生息する菌ですが、まれに傷口などに入ると炎症や化膿を起こすことがあります。

 

黄色ブドウ球菌

表皮ブドウ球菌と同じ「ブドウ球菌」とつきますが、こちらは悪さをする菌です。胃や腸で繁殖すると食中毒などを引き起こす菌ですが、皮膚にも生息しています。表皮ブドウ球菌が多く、皮膚が弱酸性に保たれていれば、悪さをすることはありません。

 

しかし、表皮ブドウ球菌が減少して皮膚がアルカリ性に傾くと、一気に増殖します。黄色ブドウ球菌が大繁殖すると、皮膚のかゆみや炎症を起こします。皮膚に傷ができれば、またそこで繁殖し、傷口が膿む原因になります。

 

皮膚表面にできた傷やニキビの化膿などは、この黄色ブドウ球菌の繁殖によるものが多いです。

 

マラセチア真菌

マラセチア真菌はほかの菌とは違い、カビの一種です。この菌も皮脂をエサとし、表皮ブドウ球菌のように皮脂を分解します。違いは、その皮脂をグリセリンと遊離脂肪酸に分解することです。マラセチア真菌が毛穴に入ると、身体が異物と判断して炎症を起こします。

 

さらに、分解してできた遊離脂肪酸は皮膚に炎症を起こす作用があります。このことからも、マラセチア真菌は皮膚に悪さをする菌だといえます。

 

マラセチア真菌が原因のニキビは、背中、肩、二の腕、胸など、身体にできるものが多いのが特徴です。このニキビはマラセチア毛包炎といって、ニキビの治療薬では治りません。真菌に効果がある抗真菌薬を使用するため、皮膚科を受診することをおすすめします。

 

アクネ菌

アクネ菌は空気を嫌う性質をもっているため、毛穴の中に生息しています。ニキビの原因菌といわれるアクネ菌ですが、実はいつも悪さをするわけではありません。皮膚が健康な状態の時は、表皮ブドウ菌と同じように皮脂を脂肪酸とグリセリンに分解し、皮膚の健康を保つために働いています。

 

一方で、食生活や生活習慣の乱れなどから過剰になった皮脂が毛穴に詰まると、悪さをするアクネ菌の繁殖を促します。その増えたアクネ菌が皮脂を分解すると、過剰な脂肪酸が生まれます。

 

適度にある脂肪酸は皮膚を弱酸性の状態に保ちますが、過剰に蓄積すると毛穴を刺激し、炎症を起こすようになります。

 

 

このように皮膚には、健康な肌を保つためになくてはならない常在菌がたくさん生息しています。しかし常在菌は、スキンケアの方法や生活習慣によって、増えたり減ったりします。肌をキレイにするためと思い込んで洗顔や保湿を過剰にしていると、かえって悪い菌が増殖してしまう可能性もあります。正しいスキンケアを行い、生活習慣を整え、健康でキレイな肌を保ちましょう。