頬ニキビの原因と治し方は?

頬は顔の中でも毛穴が大きく、深いところです。

 

なので、きちんとした洗顔料を選ばないと、
なかなか毛穴の奥までキレイにすることができません。

 

つまり、頬ニキビをキレイに治すためには、
正しい洗顔をして、しっかり治すのが大事。

 

洗顔にさえ気をつければケア自体は難しくないので、
焦らずきちんと治しましょう。

 

頬ニキビの原因は?

 

実は、頬は皮脂の分泌量が少ないので、
あまりニキビができやすい場所ではありません。

 

ところが思春期には、
肌全体の皮脂分泌バランスが崩れてしまい、
それでできるのが頬のニキビです。

 

もちろん皮脂分泌のバランスが崩れるのだけが、
頬ニキビの原因ではありません。

 

頬ニキビができてしまう他の原因のひとつに、
肌への刺激があります。

 

例えば、クセになっている人も多い頬杖。
これは手についた汚れを頬の肌にこすり付けているようなもの。

 

頭の重さで肌を圧迫し、刺激するので、
かなりのダメージを肌に与えてしまいます。

 

汗をかいたときにタオルや袖でぬぐうのも、
頬の毛穴詰まりを促進してしまいます。

 

頬ニキビを治すには?

 

やっかいな頬ニキビですが、ケア自体は難しくありません。
頬ニキビを治すには、正しい洗顔を心がけるだけでOKです。

 

一番大事なのは、深く大きい毛穴の奥まで洗える洗顔料を選ぶこと。

 

次に大事なのは、皮脂分泌バランスを整えるため、
洗顔後の保湿をしっかりすることです。

 

できればファーストクラッシュのような洗顔+保湿ができるものを使うといいですが、
そうでなければ、きちんとしたケア化粧品を選びましょう。

 

洗顔時には刺激を与えないように優しく洗顔しましょう。
頬の毛穴は大きめなので、強くこすらなくても皮脂は簡単に落ちます。

 

そして、洗顔中の刺激にも注意。

 

多くの人は洗顔後の顔を拭くときに、
かなり強くゴシゴシとこすりますが、これはNG。

 

とにかく刺激を与えないように、
洗顔料のCMみたいに、肌にタオルを当てるようにして、
汚れや水滴、汗を吸い取るようにしましょう。

 

次に、洗顔が終わった後に、皮脂分泌バランスを整えるため、
化粧水を塗るなどのアフターケアをちゃんとすること。

 

もちろん先ほども言ったように、
保湿やトリートメント効果もある洗顔料を使っているなら、
このケアはしなくてもOKです。

 

頬ニキビの予防もしっかり

 

そのほか、日常的に注意したいことは、

 

  • 頬杖をついたりむやみに触らない
  • 顔を拭くときにゴシゴシ擦らない
  • 枕カバーをこまめに交換したり、清潔なものを使う
  • 頬に触れるような髪型は避ける

 

こうした点に注意するといいでしょう。

 

それでもニキビができてしまったら
すぐにニキビケア化粧品を使って治しましょう。

 

ニキビが重症化すればするほど、
大人になったときニキビ跡になる危険性は高まりますから、
できるだけ早めのケア、予防を心がけたいですね。

 

思春期ニキビのおすすめの洗顔料はコレ!


ファーストクラッシュ

洗顔するだけで肌の保湿やトリートメントもできると話題の化粧品です。


角質をやわらかくするサリチル酸や、
保湿効果のあるグレープシードオイルなどを含んでいます。


いわゆるオールインワン系の洗顔料で、
これひとつでしっかり思春期ニキビのケアができます。


普通の洗顔料と違って、肌への刺激が抑えられているのも大きな特徴で、
ニキビ肌で悩んでいる人専用の洗顔料になります。


女子からだけではなく、男子からの人気も高く、
中高生のニキビケアでは人気No.1の洗顔料です。