鏡はあまり見過ぎないようにしよう

ニキビができると、気になって、どうしてもしょっちゅう鏡を見てしまいがちですね?
もちろん、鏡を見て、ニキビの状態を確認することは必要です。

 

でもニキビのときは、鏡をあまり見過ぎることが、回復を妨げる原因になることも、、、
鏡を見るのは、朝と晩、1日2回くらいにするのがおすすめです。

 

鏡を見るとついニキビを触りたくなってしまう

ニキビができると、自分の顔を鏡で見ると、点々とニキビが見えるわけですよね。
場合によっては、悪化している様子がうかがえるかもしれません。

 

そうすると、どうしても気になりますよね?
人間、気になると触りたくなってしまうものです。

 

でもニキビは、絶対に触ってはいけません。

 

手の指には、たくさんの雑菌が付着しています。
その指でニキビを触ると、雑菌がニキビに入り、炎症をさらに悪化させることになります。

 

また指で触ることにより、ニキビが物理的に刺激されることも問題です。
それによって、毛穴の内部に傷ができ、そこから肌の内部にニキビ菌が侵入すると、
ニキビは取り返しがつかないくらい、悪化することがあります。

 

あまりしょっちゅう鏡を見ず、普段はニキビを忘れているようにしておけば、
触りたくなることも少なくなるというものです。

 

あまり気にしすぎてストレスになる

鏡で顔にニキビができているのを見すぎてしまうと、気分が落ち込んでくることもあると思います。

 

「私の顔は、なぜこんなに汚いんだろう」
「こんな顔では、外を歩くこともできない」
「ニキビさえなければ、私の人生はもっと明るいのに」

 

などなどと、ニキビを責め、自分を責め、考えがマイナス方向へ行ってしまう人もいるかもしれません。

 

でもそれは、ニキビを悪化させる原因を作ることになりかねません。

 

ニキビは、ストレスがあると悪化することがあります。
ニキビができていること自体がストレスになってしまうと、さらにニキビは悪化することになるわけです。

 

ですからニキビは、ケアだけはきちんとして、あとの時には気にしないのが一番です。

 

ニキビケアを始めて、実際に治るまで、2〜3ヶ月がかかると思います。
その間、できるだけ明るく、前向きに過ごすためにも、鏡は見過ぎないようにするのがおすすめです。