ニキビは病院でも治療できるの?

【質問】
ニキビは病院でも治療できるんでしょうか?

 

ニキビの病院での治療とは

ニキビは病院の皮膚科でも治療をすることができます。
病院へ行くと、飲み薬と塗り薬をもらうことになります。

 

飲み薬

抗生物質

ニキビは、原因菌である「アクネ菌」が、毛穴の中で炎症を起こしたもの。
ですからアクネ菌を駆除するために、病院では抗生物質が処方されます。

 

消炎剤

ニキビの炎症を抑えるための薬も、多くの場合処方されます。

 

ホルモンバランスを整える薬

思春期ニキビの根本的な原因は、第二次性徴にともなうホルモンバランスの乱れです。
なのでホルモンバランスが過度に乱れていると思われる場合には、
それを整えるための薬が処方されることもあります。

 

塗り薬

抗生物質・消炎剤

飲み薬の場合と同様、アクネ菌を駆除する効果、
炎症を抑える効果のある塗り薬が処方されることがあります。

 

皮脂の分泌を抑制する薬

ニキビの元になるのは、皮脂の過剰分泌。
ですから皮脂の分泌を抑制するための薬が処方されます。

 

皮膚の新陳代謝を高めるための薬

皮膚の新陳代謝が低下することによって、古くなった角質が毛穴の入口付近にたまり、
それが皮脂が毛穴に詰まる原因になることがあります。
そのため、皮膚の新陳代謝を高める薬が処方されることもあります。

 

薬は副作用があるので注意

ニキビがあまりにもひどくなってしまった場合は、とにかく病院へ行き、
一刻も早く炎症を抑えなければなりません。
そうしないと、醜いデコボコのニキビ跡が残ってしまうことがあるからです。

 

ただし、あまり早い段階で病院へ行くことは、おすすめできない場合もあります。

 

薬には、どれも副作用があります。
抗生物質の場合なら、お腹を壊したりなどの副作用が出ることがあります。

 

また塗り薬なら、敏感肌の人などの場合には、薬によってかえって肌が荒れてしまい、
それによってニキビが悪化することもあります。

 

なので、ちょっとの風邪で病院へ行く人はいないように、
ニキビの初期段階では、病院へ行くよりも、きちんと洗顔をすることがおすすめです。

洗顔さえきちんとすれば、多くの場合、ニキビはきれいに治ります。

 

また、ニキビがひどくなって病院へ行く場合にも、
薬を飲み続けることは避けた方がいいと思います。
症状が収まったら薬はやめ、洗顔などのケアに切り替えるのがおすすめです。