ニキビの段階「白・黒・赤・黄」どの段階で皮膚科に行ったらいい?

ニキビには4つの段階があり、症状もさまざまです。自分の肌にできてしまったニキビの状態を適切に知ると、それに合わせた対処法をとることができるので、早めに治すことにつながります。

 

ここでは、ニキビの段階それぞれの特徴と、どの段階で皮膚科に行くべきかなどの対処法について、詳しく紹介します。

 

ニキビの段階

ニキビは、でき始めてから時間の経過とともに、その色や症状が変化していきます。まずはその4つの段階について知り、自分のニキビがどの状態なのか確認しましょう。

 

白ニキビ

一番初期の段階のニキビを、白ニキビと言います。毛穴に皮脂が詰まっているので、見た目は白っぽく、毛穴が開いていない状態です。炎症を起こしていないため、ニキビ周辺の皮膚の色は正常です。

 

ニキビを押すと、白や黄色の塊や粘り気のある白いものが出てきますが、その大半は毛穴にたまっていた皮脂です。

 

黒ニキビ

白ニキビより少し症状が進むと、たまった皮脂が毛穴を押しひろげて外に出てきます。そして皮脂に汚れが付着したり、酸化したりすると、先端が黒っぽくなります。これを黒ニキビと呼びます。

 

赤ニキビ

白ニキビや黒ニキビに炎症が起きてしまった状態が、赤ニキビです。炎症は、詰まった毛穴の中で皮脂を栄養とするアクネ菌が繁殖することによって起きます。アクネ菌はもともと毛穴の中にある常在菌で、思春期以降はほぼ100%住みついています。

 

毛穴の奥など空気のないところでしか生きられません。アクネ菌は肌に必要な菌ですが、過剰に繁殖するとニキビの炎症をもたらします。

 

黄ニキビ

赤ニキビの炎症がさらにひどくなると、膿を持った状態になります。これは黄ニキビです。この段階では、ニキビが治った後も色素沈着を起こしたり、跡が残ったりする可能性が高くなります。

 

ニキビの段階別の対処法

ここからは、ニキビの段階別に合わせた対処法を紹介します。自分のニキビに合わせた適切な対処を行えば、悪化することはありません。放っておくとニキビが進行してしまうので、早めにケアしましょう。

 

白ニキビの対処法

ニキビの初期段階なので、正しい洗顔をしっかり行うと、かなり改善することができます。肌に負担の少ない低刺激の洗顔料を使ってください。洗浄力が強くてスクラブの入った洗顔料などは、肌への刺激が強いので、できるだけ避けましょう。

 

余分な角質を取り除くことができるピーリング洗顔は、おすすめです。白ニキビはまだ炎症を起こす前の症状なので、病院などで処方される抗炎症タイプのニキビ治療薬は、使う必要はありません。

 

黒ニキビの対処法

黒ニキビの場合も、やはり洗顔を正しく行うことが大切です。クレイタイプの洗顔料は、低刺激で皮脂を吸着する効果があるので、黒ニキビの原因である毛穴の詰まりを取ることができます。黒ニキビは、ニキビ跡ができる心配をせずに対処できる最終段階です。ケアを怠らないようにすることが大切です。

 

赤ニキビの対処法

赤ニキビの場合、患部に刺激を与えると内部が化膿して、黄ニキビへと進行してしまう恐れがあります。炎症を悪化させない対策として、低刺激の洗顔料を使って洗顔することや、化粧水を使って赤くなった患部の炎症をすばやく抑えることが大切です。保湿も忘れずに行ってください。

 

清潔でみずみずしい肌を保ち、日頃から十分な睡眠とバランスのとれた食生活を心がけてください。

 

黄ニキビの対処法

炎症が悪化して膿を持っている黄ニキビは、肌がかなり不安定でデリケートな状態にあります。うっかり触ってしまい、膿が出てくることもあります。特に黄ニキビはつぶしてしまうと跡が残る可能性が高いので、つぶさないように注意します。

 

黄ニキビを鎮めるためには、膿を抑える外用薬や抗生物質の服用が必要になってきます。この段階に達したら、近くの皮膚科を受診しましょう。皮膚科では、古い角質を剥がして毛穴に詰まったアクネ菌を排除し、新しい細胞を生み出す方法であるケミカルピーリングも行うことができます。

 

早くケアを始めると肌へのダメージも最小限に抑えられますし、保険適用の治療が利用できるので費用も少なくて済みます。また、水溶性ビタミンC配合の化粧水や美容液などは、刺激が強く化膿を悪化させてしまうこともあるので、使用は極力控えてください。

 

 

白ニキビや黒ニキビの段階だと、スキンケアの改善などで治ることもあります。しかし炎症を起こした黄ニキビまで症状が進行すると、ニキビ跡が一生残ってしまう可能性があります。そのため自己流のケアでなく、すぐに皮膚科で治療を受けるようにしましょう。