爪は短く切っておこう

ニキビには、まず何よりも、顔を清潔にするのが大切。
洗顔は、欠かせません。

 

でも意外に盲点になりやすいのが、指です。
特に爪は、ニキビになったら、いつも短くしておきましょう。

 

指が不潔だとニキビが悪化しやすいので注意

顔を清潔にするために洗顔するのに、やはり使うのは、手ですよね。
手を使わなくては、顔を洗うことはできません。

 

ところでこの手が、もし汚かったらどうなるでしょう?
顔を洗う際、キレイにしているつもりでも、手の雑菌がニキビに入ることがあります。

 

「でも洗顔料を手にも付けるわけだから、手もキレイになるのでは?」
そう思うかもしれません。

 

もちろん、それは、その通り。
ただ忘れてはいけないのは、爪の間です。

 

爪の間には、汚れがたまりやすいもの。
汚れがたまれば、雑菌も繁殖します。

 

ですから洗顔の前にはまず手を洗い、特に爪の間は、キレイに汚れを落としましょう。
もし落としにくければ、ブラシなどを使うようにするのもおすすめです。

 

手は、洗顔以外の際にも、ついニキビを触ってしまったりすることがあると思います。

 

その場合でも、指が清潔に保たれていれば、
ニキビに雑菌が入るのを防ぐことができますね。

 

爪はいつも短くしよう

爪の間にたまる汚れは、爪が長ければ長いほどたまりやすいのは、言うまでもありません。
ですから爪は、いつも短くしておくようにしましょう。

 

爪が短ければ、汚れも溜まりにくくなります。
そうすれば、手を洗う時に汚れを落とすのもラクです。

 

でも爪は、ついつい、切るのを忘れがちではありませんか?
気付いたら、爪が長く伸びていた、などということも多いに違いありません。

 

爪を切るのを忘れないためにおすすめなのは、机の上に、いつも爪切りをおいておくこと。

 

勉強中、ついつい集中できなかったりすることもあると思います。
そういう時、爪を切るようにすれば、気分転換にもなりますから一石二鳥です。